土田のびいどろ「江戸時代のガラス作りに挑戦」講座 第3回

江戸時代のガラス製造では、溶融を2回行います。今回は、最初の溶融粗煮(あらに)です。

粗煮は、不純物を取り除くための作業です。江戸時代の再現をした溶融窯に炭をくべ、1000℃前後をキープしました。6時間の溶融で、チャートを砕き、調合して、粉合わせした材料は、ガラス状になっています。少し緑の着色が見えますが、仕上がりは大変良好です。次回の講座は、粗煮して粉砕した材料を10時間程溶融(精煮)して、いよいよ成形です。

わくわく体験館

〒:509-0247

岐阜県可児市塩河1071-4

(ささゆりクリーンパーク内)

 TEL:0574-65-1515

 FAX:0574-65-0981

 

利用時間

★ガラス工芸体験

     9:00~16:00

  (最終受付15:00)

★宿泊

 15:00~翌日10:00

★体育館・会議室

   9:00~21:30

★日帰り入浴

 12:00~22:00

(最終受付21:30)

*休館日のほか、月曜日は利用できません。

休 館 日

火曜日・祝日・年末年始

*ゴールデンウィーク期間中は開館する場合があります。

お問合せ/ご予約

★TEL: 0574-65-1515

★開館日の8:30~17:00